演奏会詳細

     大阪コレギウム・ムジクム(大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団)
     第17回東京定期公演 「弦の魅力・声の魅力 ~希望を紡いで~」
  画像1 画像をクリックすると拡大します。

  画像2             no image
  開催地      東京都
     第一生命ホール
  演奏会日     2012年6月3日
  開場     14時0分
  開演     14時30分
     「お知らせ欄」をご覧下さい
  千原英喜/
  混声合唱のための「方丈記」
西村 朗/
  混声合唱とピアノのための組曲「レモン哀歌」
当間修一/
  作品集「この愛しきものに」より 「象の鼻」(金子みすゞ・詩)ほか
J.S.バッハ/
  フーガの技法 BWV 1080 より
P.I.チャイコフスキー/
  弦楽セレナーデ ハ長調 Op.48

■指揮 当間修一
■ピアノ 木下亜子
■弦楽合奏 シンフォニア・コレギウムOSAKA
■合唱 大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団

主催:大阪コレギウム・ムジクム
協力:第一生命ホール

―弦と声~極上のアンサンブルの競演―
 
 指揮者当間修一が育み、バッハの「マタイ」「ヨハネ」をはじめ多くの作品で
共演を重ねるオーケストラと合唱団は、今や関西の音楽シーンに
欠かせない存在です。
 約一年半ぶりとなる今回の東京公演では、オーケストラはバッハの織り成す
対位法の綾とチャイコフスキーの清新な叙情に挑み、合唱団は京都での
邦人合唱曲シリーズで好評を博した西村朗、千原英喜の作品を再演。
共通の持ち味である純度の高いハーモニーと緊密なアンサンブルを活かして、
それぞれの作品に新たな光を当てます。
 また、当間修一作品集からセレクトして御紹介するステージでは、
時代を超えて人の心に脈々と流れる「愛しきものへの想い」を
あたたかなハーモニーで紡ぎます。 
     当間修一
  料金:
 S席 5,500円
 A席 4,500円
 B席 3,500円
 C席 2,500円
 学生 1,800円(当日2,000円)
 高校生以下 800円(当日1,000円)

★★★ メールマガジンに登録していただくと
★★★ お得なチケット割引特典がご利用いただけます!
★★★ お申込はホームページから! 

親子室がございます。席数に限りがありますので
事前に大阪コレギウム・ムジクムまでお申込ください。
なお一般席への未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。
  office♪collegium.or.jp
     06-6926-4755
    
     http://www.collegium.or.jp
     http://www.dai-ichi-seimei-hall.jp/access/index.html