団員募集詳細

初心者も唄える --- --- --- --- --- --- --- ---
     京都クラウディオ・モンテヴェルディ合唱団
画像をクリックすると拡大します。



no image
  所在地(都道府県)      京都府
  (市町村)      京都市
  練習会場      日本キリスト教団 室町教会
  活動開始年      1980年以前
  種別      混声合唱
  団員数      20人
  指導者       当間 修一
  伴奏者      木下 亜子
  ヴォイストレーナ      
  月会費      4000円
  月間練習回数
     ---
  曜日1
     毎週土曜日
  時間帯1
     夜
  練習時間1
     2時間半
  曜日2
     日曜日
  時間帯2
     ---
  練習時間2
     ---
  練習曲1      C.モンテヴェルディ/モテット
  練習曲2      イギリス名曲選
  練習曲3      三善 晃/五つの童画
  アピール      音楽監督に当間修一先生を、ピアニストに木下亜子先生をお迎えして、モンテヴェルディ連続演奏を始めとするルネサンス・バロックの作品から、最新の日本語の合唱作品まで幅広く演奏しています。合唱は初めてという方も大歓迎です!ぜひ一度練習の見学にお越しください。
  お知らせ      ◆京都C.モンテヴェルディ合唱団◆
1972年京都グローイング合唱団~京都中央混声合唱団を経て、1988年現団名に改称。バロック音楽の現代的価値を見出して関西を中心に広く活躍する当間修一を音楽監督とし、年2回の演奏会を中心に活動している。
これまでに演奏活動の中心としてモンテヴェルディの作品を取り上げ(1992年より連続演奏シリーズを進行中)、「聖母マリアの夕べの祈り」、ミサ曲、マドリガル、モテットを多数演奏、モンテヴェルディの音楽を京都の地に紹介し続けている。またルネサンス、バロック時代の作品から、T.L.de ビクトリア「死者のための聖務曲集」、J.S.バッハのモテット、H.シュッツ「受難モテット」などを演奏。この他にS.バーバー「アニュス・デイ」、J.ラッターの小曲集などの現代作品を演奏している。
邦人作品も積極的に演奏し、千原英喜「雨ニモマケズ」他、木下牧子「ティオの夜の旅」他、鈴木憲夫「祈祷天頌」他、髙田三郎「心の四季」他、西村朗「まぼろしの薔薇」など、意欲的なプログラムを盛り込んだ演奏活動を継続している。
2010年5月、姉妹合唱団である名古屋ビクトリア合唱団とともに、モンテヴェルディゆかりの地であるイタリアのマントヴァ、ヴェネツィアにて公演。
2017年5月31日~6月4日に開催された「マントヴァ室内楽フェスティバル」に招聘され、当間修一の指導する姉妹合唱団と共に9回の公演を行い、現地の熱烈な絶賛を博す。
また、2010年より『当間修一合唱講座in京都』を開講している。
演奏会の紹介

演奏会詳細


  演奏会予定日 2018年06月 24日    
  演奏会ホール      京都文化博物館 別館ホール
  お問い合わせ電話      
  お問合せメール
      ♪を@に変更して下さい。 info-desk♪cmc-kyoto.collegium.or.jp
  代表者      
  担当者      
  合唱団ホームページ       http://cmc-kyoto.collegium.or.jp