演奏会詳細

     日本ラトビア音楽協会合唱団ガイスマ
     第5回ラトビア音楽祭in TOKYO
  画像1 画像をクリックすると拡大します。

  画像2 画像をクリックすると拡大します。

  開催地      東京都
     渋谷区文化総合センター大和田さくらホール
  演奏会日     2018年4月1日
  開場     12時45分
  開演     13時30分
     2,500円
  合唱大国ラトビアの合唱曲を中心とした音楽祭です。
ラトビアから3回目の来日となる女声合唱団ジンタルスのステージをメインに、歓迎演奏の形で、日本ラトビア音楽協会合唱団ガイスマ、合唱団お江戸コラリアーず、NHK東京児童合唱団ユース・シンガーズがそれぞれステージをつとめます。
最後に全員での合同演奏は、今年7月にラトビアの首都リガで開催される「第26回歌の祭典」での演奏曲を2曲披露します。
ラトビアには人口を上回る数の民謡があり、それらの合唱編曲をはじめ、最近の作曲家の作品も数多く生まれてきています。
日本でほとんど演奏されたことのない曲ばかりですが、ラトビアの美しい旋律とハーモニーを堪能していただけるものと確信しています。
言葉がわからないのも心配ご無用、松原千振さんの司会進行と岩手大学の堀口大樹先生の通訳で、楽しく進めて参ります。
・オープニング(ラトビア共和国国家) 松原千振
・日本ラトビア音楽協会合唱団ガイスマ  指揮 佐藤拓
・NHK東京児童合唱団ユースシンガーズ  指揮 金田典子
・合唱団お江戸コラリアーず 指揮 山脇卓也
・女声合唱団ジンタルス(DZINTARS) アイラ・ビルジニャ
・合同演奏 指揮 アイラ・ビルジニャ
     アイラ・ビルジニャ
  日本ラトビア音楽協会は2004年に設立され、音楽を通じてラトビア共和国との友好親善をはかることを目的に活動しています。2008年には第24回歌の祭典に視察団を派遣、2013年の第25回歌の祭典には合唱団ガイスマが招待され、20人以上のメンバーが歌の祭典の26曲全曲を歌って驚かれました。建国100年を記念する今年の第26回歌の祭典には、在外ラトビア人団体と同等の評価を得てオーディションに参加、レベル1の評価を得て採点参加を確実なものとしています。
今回の音楽祭には、ラトビアから3回目の来日となる女声合唱団ジンタルスを招聘し、前回祭典に参加した山脇卓也指揮のお江戸コラリアーずと今年8月にラトビア演奏旅行を予定しているNHK東京児童合唱団ユースシンガーズも加わって、美しいラトビアの合唱曲を存分に味わっていただきます。
最近でこそしばしば取り上げられるようになりましたが、まだまだ知られざる名曲がたくさん埋もれているのがラトビアの合唱曲です。ほとんど全てラトビアの合唱曲ばかり、という演奏会はこの音楽祭をおいてはなかなか聴くことのできないものです。
チケットはConfetti(カンフェティチケットセンター)で発売中です。「ラトビア」で検索してください。
  gaisma141♪gmail.com
     090-7014-0002
     加藤
     https://www.facebook.com/GAISMA141/
     http://www.shibu-cul.jp/sakurahall